コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

「教科書を正しく読めない中高生が多数いることが明らかに」なったらしいです。

キャリコネニュースからです。

 

news.careerconnection.jp


国立情報学研究所の新井紀子氏を代表とする研究チームが行ったリーディングスキルテスト(中高校生を中心に約2万4000人が対象)で、文章を正確に把握できていない生徒が多数いることがわかったそうです。


このテストは、教科書や新聞に載るような200字未満の短文を読み、その論理構造を正しく理解できているか見るテスト。被験者の事前知識の多寡に左右されずに、読解力を見ることができるらしいです。


実際にどのような問題が出題されてるかというと

主語と目的語を把握できているかを調べる「係り受け」の問題では、

「仏教は東南アジア、東アジアに、キリスト教はヨーロッパ、南北アメリカオセアニアに、イスラム教は北アフリカ西アジア中央アジア、東南アジアにおもに広がっている」

という文を読み、「オセアニアに広がっているのは(空欄)である」の空欄内に入る言葉を

1:ヒンドゥー教 2:イスラム教 3:キリスト教 4:仏教

の選択肢から選ぶ。正解は2番のキリスト教だが、中学生の正答率は62.4%、高校生の正答率は72.1%だった。

 

この文章を読んで正解できない人がいること自体が驚きなのですが、正答率の低さにもびっくりです。詳しく見ると、短文に記載のないヒンドゥー教と回答している人が5%くらいいました。これは真面目に回答していない人の割合とも考えられるかなと思います。

 

ここからは私の偏見ですが、読解力の低い人にとっては文章を読むこと自体が苦痛なので適当に読み飛ばすのです。ただでさえ低い読解力で読み飛ばすからこんな文章さえきちんと理解できないということになるわけです。

こういう短文は、ちょうど理科や数学の文章問題に出てくるくらいの長さなので、読解力のなさは、国語だけでなく、その他の教科の成績にも響いてくるのではないでしょうか。

 

今回は中学生・高校生についての調査でしたが、社会人のデータも収集中で十分に自信のあるデータが揃ったら発表するとのことです。

こちらも楽しみですね。