コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

先日、民進党を離党した長島議員のインタビューに思う。やはり、このような党では信頼されないな。

プレジデントオンラインに載った元民進党の長島議員のインタビュー記事を読んでの感想を少し。

 

president.jp

歯を食いしばって地道にやっていくしかなかった。ところが、地道な努力に没頭できず、選挙目当てで共産党との共闘に飛びついてしまった。

 

私が掲げた国会戦術は、極めてシンプル。各議員が自分の得意分野で堂々と閣僚に論戦を挑むというもの。しかし、国対幹部からは、「そんな地味な質問をしても翌日のヘッドラインは取れないし、ワイドショーも取り上げない」と一蹴されてしまった。

 

この辺りが現状を端的に示していると思います。ワイドショー受けするようなスキャンダルの追及に力を入れすぎです。

 

森友学園加計学園の問題に比べれば、まだ、安全保障関連法案や改正組織犯罪処罰法の審議の方がましだったと思えます。民進党だって、少しは地道な質問や政策論争もしていることは知っていますが、報道される部分が少ない。ここの部分は報道機関にも原因はあると思います。


政府・自民党に何かしらの不正や不手際があった際に、でも民進党には任せられないから多少の事には目をつぶるか、と思わなければならないようでは国民が困るのです。

政権交代はなかなか難しいでしょうが、油断していると政権交代の可能性があると自民党が感じる程度にはちゃんとした野党がいてくれなくてはこまるなぁと思った次第です。