読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

昔、高速道路を無料にすると言っていた政党がありましたね。

こんにちは。

 

昔、高速道路を無料にすると言っていた政党がありましたね。

高速道路を使って輸送していたものが、安く輸送できるようになるから経済が活性化するとか主張していたような覚えがあります。

 

でも、まず高速道路を無料化すれば、交通量が激増して渋滞が激増するのが目に見えていましたよね。東日本大震災のあとに、一部無料化していた道路が渋滞でひどくなっていたことは有名ですね。一部は復興関連の業者の車の影響もあったのでしょうが。

 

そうでなくても、この財政難の政府が高速道路の整備に掛けるお金をきちんと出せるわけないわけですよね。

2年以上高速通勤していた経験があるのだけど、高速道路は普通の道路とはくらべものにならないくらいきちんと整備されているんですよ。しょっちゅう道路整備しているし、実際に道路はかなりきれいな状態が保たれています。そうでなくては、高速で安心して飛ばせないわけです。

 

高速道路は今は民営化されているわけで、東日本・中日本・西日本高速道路の3社で6500人以上の雇用があり、年間2兆円近いの通行料収入があるわけです。さらにサービスエリアの売り上げなどが3000億円以上あります。

 

こういう規模のものが運営されていながら、高速道路を無料化しようなんて思う方が、ちょっとどうかしていると思うわけです。今ほど、人で不足になっていたわけでもなく、むしろ景気が悪かったわけで、この雇用をどうしようと考えてたのだろうか。

 

予算を組みかえれば、魔法のように財源が出てくると主張して、なんでも無料化したり、ばらまいたりする空手形を出しまくっていたので深く考えていなかったのでしょうか?

 

今は、そのような主張はしていないようですが、また、そんなバカげたことを主張する人がいたら要注意ですね。

私は、現行の利用者が通行料を支払う受益者負担で問題ないと思っています。料金がやや高めだと思うこともありますが、少し高いくらいじゃないと渋滞します。通行量が減れば料金を下げることになるでしょう。