読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

二重国籍疑惑の蓮舫さんがいいこと言っているから、少しは報道してあげたらいいのに。

こんにちは。

 

民主党民進党の党首選挙が行われているわけなのですが、蓮舫さんの当選でほぼ決定なためか、二重国籍疑惑ばっかりが注目されているようですが、もう少し議論の内容も報道してあげたらいいのではないかと思います。

 

これでは、揚げ足取りの質問に終始していたどこかの党と同じレベルになってしまいます。

それで今回政策について意外に思ったのは、沖縄の米軍基地、普天間基地の移転問題についてです。

 

前原さんは、辺野古への移転に反対または他の選択肢も検討と言っているのに対し、蓮舫氏が辺野古へ移転すべきだと主張しているのです。

なんでも批判ばかりしていた印象が(私の中には)あるだけにかなり驚きです。これは、本気で政権を奪取するまで党首でいる気なのでしょうか。

 

それとも何でも反対するだけでは決して政権にたどり着かないということを学習したということでしょうか。

または、少しくらい現実的な、実行可能な政策を掲げることによってなんでも反対党のイメージを変えようとしているだけで本当は反対なのだろうか。

とかいろいろ考えてしまいました。

 

どの程度本気かわかりませんが、なんでも反対党では政権をとることはできず、ある程度政策を提言できる、つまり対案を出せる党でなければならない、賛成すべきところはきちんと賛成するということが重要だと理解してきたということだと思います。

 

民進党がなんでも反対党から脱却するということは、自民党が緊張感をもって政治を行うことにつながるので国民全体にとって好ましいことだと考えています。

 

もしかしたら、本当はなんでも反対党で痛いのだけど、少しは対案の出せる党にならないと勢力拡大ができないから、ちょっと現実的なふりをしているだけかもしれないけど、そうしなければ勢力拡大できないということに気づいただけ”よし”と考えたいです。