コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

長谷川さんの人工透析炎上記事の深慮遠謀に思いをはせる。

こんにちは。

長谷川さんの人工透析に関するブログ記事は、炎上するだろうなと誰もが思ったことでしょう。予想通り絶賛炎上中の様子です。

 

blogos.com

 

長谷川さんのブログは時々読んでいますが、全体としては、物事を非常にわかりやすく解説してあり結構いいことも言っていると思っています。

ただし、わかりやすくするために、大まかに言いすぎたりして少し不正確になることもあるように思っています。また、今回のように極端なことを主張して炎上させるも得意技の一つであると思っています。

たぶん、長谷川さんの言いたいことは、もう少し健康保険のお金の使われ方も国民みんなが考えなきゃいけないことなんだよというあたりだと察するわけですが、たとえが極端すぎます。

f:id:kotarosan1515:20160921143507p:plain

透析医療に関してですが、長谷川氏の指摘通り、透析患者は年々増え続けていて、30万人を超えています。

そして、透析導入の原因疾患は、糖尿病の割合がどんどん増えており一番多くなっているのも事実です。

f:id:kotarosan1515:20160921143523p:plain

 

透析患者は年々増えているとはいえ、透析の新規導入者数は、ここ数年は横ばいとなっています。

f:id:kotarosan1515:20160921143544p:plain

年間1人当たり500万円かかると言われる医療費が30万人ですから、1兆5000億円になりますね。医者の言うことも聞かずに暴飲暴食を続けた挙句に医療費を大量に消費しているといわれると、怪しからんと思ってしまいます。

しかし、透析導入の原因で一番多いのが糖尿病とは言え、半分にも満たないわけでかなり乱暴なくくり方だと言えます。

長谷川氏によれば、透析医療は儲かって仕方がないらしい(今はそれほどではないらしいが)ので、経営が破たんしない程度に、蛇口を絞ればいいわけですね。

医療費は国が決めているのだから、透析医療が儲かりすぎとなれば、医療費の定価を下げればいいわけです。年間400万円くらいで収まる額に改定すれば、すぐに3000億円の節約になります。

 

おそらく長谷川氏の本当の狙いは、あえて批判を浴びるような暴論をブログに掲載して、透析医療の医療費が注目されるように仕向けることなのです。

その結果として、次回の医療費の改定の際に透析の定価を減額させる方向に世論の圧力がかかるようにしているわけです。

日本の将来を憂いて、あえて損な役回りをこなしているのです。

このような深慮遠謀に基づいているので、遠慮はいりません。

みなさんガンガン批判してやってください。

 

 (図表は日本透析医学会からの引用です。)

2016.10.3追記)

批判を浴びたあとの長谷川氏の対応はおおいに問題があり、いろいろな番組を降板となったようです。主たる主張が「自業自得の」部分であることを強調した上で、表現自体には問題があったことを素直に謝罪するべきだったと思います。