コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

「ポケモンGO」課金収入<史上最速>3カ月で6億ドル(630億円)突破

こんにちは。

今日は、日経新聞の記事からです。

ブーム自体は落ち着いた感のあるポケモンGOですが、ビジネスとしては非常順調に経過しているようです。

スマホゲームのポケモンGOは、リリースから約3カ月経過。

その間のダウンロード数は、5億回を越え、課金収入は6億ドル(約630億円)に到達したとのことです。このスピードは「キャンディークラッシュサガ」の2.5倍、「パズル&ドラゴンズ」の5倍以上早いスピードだという。

無料でも十分楽しめるゲームであっても、かなりの人が有料のアイテムにお金を支払っているようです。

 

このような課金収入の驚異的な伸びは、爆発的なヒットでゲーム人口が多くなったことはもちろんだが、ゲームを続けている人の割合が非常に高いことによりもたらされちるようだ。

通常は、リリースから2週間程度で8-9割のユーザーがそのゲームから離れていってしまうところ、ポケモンGOは、リリースから3週間後の段階で6割以上がゲームを継続していたという調査もあるようです。ゲームの性質上、短時間に集中してプレイすることが難しいということはあるようです。また、外を歩き回るなど通常のゲームと異なり手間がかかる点もいい方向に作用しているものと思います。

課金収入の伸びは、関連企業も潤し始めている模様です。

ポケモンGOのヒット当初は、関連会社がライセンス料を一部受け取る程度で、連結業 績に与える影響は限定的だといっていた任天堂は、100億円程度の利益を積み上げているらしいとのことです。

マスコミへの露出は減ったものの、ポケモンGO周辺のビジネスやイベントは、現在も活発に行われており、さらに「スポンサード・ロケーション」システムも確立して収益を積み上げる体制がしっかり整ってきており、今後もまだまだ利益を稼ぎ出し続けていくことが予想されます。