読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。

「小林麻央を「ステージ4」に追い込んだ2人の医師を直撃!」って、医師が追い込んだのだろうか?

ニュース・ブログ感想

 

Yahooニュースに配信された記事を読んでの感想です。

zasshi.news.yahoo.co.jp

ニュースの見出しなどで、乳がんの闘病生活を送っているらしいことは知っていましたが、この記事を読むまであまり詳しい経緯はしりませんでした。

人間ドックでの再検査ではガンがみのがされ、8ヶ月後ガンと診断されたときには、リンパ節に転移がある状態だったこと。そのさらに1年半後に骨・肺に転移のあるステージ4という状態になっていたこと。その状態から抗がん剤の治療を始めたのですね。

全く知りませんでした。

「もし、最初の診察でガンが発見できていたら。標準治療の有用性をもっと真摯に説明していたら、状況は変わっていたはず。悔やまれてならない」

というガンの専門医のコメントを載せて、最初に診察していた医師たちを非難しているわけですが、ここで疑問に思うのは、その後、1年半後に別の病院に行くまでは何をしていたのだろうということです。

 

記事には書かれていないのでわからないが、詳しくは本人のブログを読んでくださいということなのだろうか。

のちに抗がん剤治療をしているということは、この間、標準的な医療は受けていなかったのだろうと想像できます。

ガンの診断を心が受け入れるのに時間がかかってしまったのだろうか?それとも何かに祈りをささげていたのだろうか。

 

本当のところは、本人が明らかにしない限りわからないことであるわけだが気になって考えてしまった次第です。