読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。

収入の少ない若者ほど、削られた収入を株式投資で取り戻すべき

日々考えたこと

法人企業統計によると日本企業の純利益は、リーマンショック前の2006年から2015年の間に28兆円から42兆円へと増加しています。その要因についてみてみますと人件費が7兆円減少、支払い利息が3兆円減少しています。それに対して配当総額は6兆円増加しています。

人手不足といわれるようになってきた昨今ですが、不足しているのは安価な労働力であるわけで、なかなか世の中全体の賃金上昇へとは、つながっていってはいないようです。

さらに若年層を中心に、収入の少ない非正規労働者が増加している点については、多くの指摘されているわけです。

これらを併せて考えてみるに、会社の利益の増加は、主に人件費の削減、つまり非正規雇用の増加によってもたらされているわけです。

そして、その利益が増加した分にほぼ相当する額が、配当として株主に還元されたことになります。

つまり、人件費が削減され、株主に還元される配当が増えているわけです。


ですから、収入の少ない非正規雇用の若年層は、この削られた収入を取り戻すべく行動すべきだと考えます。そう、株主になって配当を受け取るのです。

 

何言ってるんだ、収入が少なくて困っているのに株に投資するお金なんてないよ、などという声が聞こえてきそうですが、大丈夫です。

今は(もうずいぶん前からあるけど)、ミニ株とかプチ株とかいうサービスがあります。ミニ株は、本来の売買単位の1/10で取引できるサービスです。さらに、1/100の単位でも売買できるサービスを提供している証券会社もあります。

はてなブログを提供している「株式会社はてな」の株価は1800円から2000円くらいです。本来は、1単元(売買の単位)が100株なので、18万から20万円が必要になります。
しかし、ミニ株であれば、その1/10の10株から売買できますので20000円あれば、投資が始められます。
さらに、1単元の1/100から売買できるサービスを使えば2000円くらいで、はてなの株を1株購入して株主になれることになります。
(*はてなの株への投資を推奨しているわけではありません。あくまで例として取り上げただけです。)

また、多くの証券会社で毎月積み立てるサービスなどもありますので、めんどくさがりの人は使ってみてもいいかもしれません。

そういうわけで、株式投資へのハードルは決して高くないので、収入の少ない若者こそが、株主となって削られた収入を取り戻すできだと、そのように考えた次第です。

 

関連記事

kotarosan.hatenablog.com