読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

今更ですが、選挙権が18歳から行使できるようになったからって騒ぎすぎだったと思う

今朝、ラジオを聞いていたら、「市の選挙管理委員会が小学校で投票についての模擬授業を行った」というニュースが流れていた。

小学生に選挙という事を教えに出張授業を行うのは結構なことだと思います。しかし、私が気になったのは、「昨年の夏の参議院選挙から投票年齢が18歳に引き下げられたので」という枕詞が付いていた点です。
投票できる年齢が20歳でも18歳でも選挙の大切さがから変わるわけではないのであり、なぜ18歳になったからといって小学校に出前授業に行くようになったのか、というあたりがわかりません。

誤解のないように書いておきますが、小学校でそのような授業を行うこと、それ自体はとても良いことだとは思っています。

そもそも18歳と20歳にどれだけの差があるのでしょうか。18歳から20歳の間に選挙や民主主義について特別学ぶ機会があるとは到底思えません。

ですから、18歳から投票できるようになったからといって、何か特別な対応が必要だとは全く思いません。今まで通りでよいのです。
参議院選挙の前にいろいろと「高校での対応が・・・」みたいな報道がなされていましたが全く意味がないと思っていました。

もしかしたら、年齢引き下げを機に、「そういえば選挙についての教育というものをしていなかったな」ということに気が付いたのであれば、これを機にきちんと教育するということになったのですから、いいきっかけになったといえるかもしれないと思った次第です。