読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

三浦瑠麗の山猫日記 日米首脳会談の総括 概ね同意。今回は珍しく、踏み込んだ提言も。

 

いつも冷静で学者としての則を超えない控えめな分析を述べている国際政治学者・三浦瑠麗さんのブログの感想を少し。

今回は、安倍首相とアメリカのトランプ大統領の首脳会談についての評価についてです。

 

lullymiura.hatenadiary.jp

多くのマスコミが報じているように、事前にポイントだとされていた項目はほぼ順調にクリアしており、大成功と評価していいと思います。

三浦さんも

トランプ大統領は、安保については、間接的な表現ながら尖閣諸島への日米安保の適用を明言し、南シナ海の航行の自由や北朝鮮問題が米国にとっても優先課題であると述べました。在日米軍駐留の負担増をめぐる発言は行われず、在日米軍を受け入れてくれている日本国民に感謝の言葉を述べるというリップサービスまでついてきました。

経済については、懸念されていた自動車産業をめぐる暴言もなく、為替操作国認定をされるような場面もありませんでした。現時点で期待し得るものとしては、満額回答であったと言えるでしょう。

 

とその成果について高く評価しています。まあ、このあたりについて評価していないのは、民進党などのなんでも批判する方々だけでしょうから順当なところでしょうか。

報道で大きく取り上げられていない点でも経済問題の協議から微妙にトランプ大統領の影響力を低下させる枠組みについても

首脳会談で合意された麻生副総理‐ペンス副大統領のラインで経済問題について討議するというのは悪くないしつらえであると思います。

と評価しています。これによってトランプ大統領の気まぐれに左右されずにじっくり経済問題を検討できるということですね。

また、TPPの日本国内へ及ぼす影響については、

日本国内の改革を進めるためには、TPPに代わる黒船が必要というわけです。現に、TPPの実現可能性が遠のいたことで、小泉進次郎氏が主導した農業改革は完全に骨抜きです。医療・介護分野での改革も、労働分野での改革も大玉は全く進んでいません。

と国内改革の停滞・骨抜きを懸念しています。TPPが実現しなくなりそうであるということの影響についても、ちょっとそこまで理解はしていませんでしたが、なるほどとうなずけるところです。


そして今回は特記すべきは、次のような踏み込んだ提言がなされていることです。

私なりに注文を付けるとすれば、せっかく獲得した信頼と影響力を意味のある方向で使ってほしいということです。

 

日本の国防費と自衛隊の役割を段階的に拡大していく。優先して国内的な整理を行うべきは、敵基地攻撃能力の獲得と、非核三原則の見直しと思っています。

一部の方々からは大いに反対がありそうなテーマでの、このような提言はめずらしいように感じました。ただし、うなずける部分が多く納得でした。

また、上記以外にもイギリスと日本の比較など、なるほどと思う部分も多く、一読の価値がある文章だと思いました。

最後におまけですが、先日テレビに出演している三浦さんの姿を少し拝見しまして、発言中に少し顔の表情がニヤついているように見えてしまうような表情をしていたので、一部に不快に思う人がいるのではないかと心配をした次第です。