読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。

スキーW杯ジャンプ女子の報道に思う。高梨はすごい。だが、もう少し伊藤有希に触れてもいいのではないか。

ニュース・ブログ感想 日々考えたこと

スキーワールドカップ・女子ジャンプでは、最終戦を残した段階で17戦中9勝を挙げる圧倒的な成績で総合優勝を高梨沙羅が決めました。これは、すごいことで、またワールドカップでの通算勝利数でも過去最多を更新することは、多くの人々の確信するところでありましょう。

しかしながら、日本で高梨に続いて2番手につけている選手のことをご存知だろうか?

高梨についで2番手につけているのは、昨日の第17戦で2位の高梨を抑えての勝利で今季4勝目を挙げた伊藤有希です。

総合ランキングでも2位争いをしている状態で世界全体でも、高梨に次ぐ位置にいる選手であります。

それにも関わらずあまりにマスコミの扱いが小さいことに苦言を呈したいわけです。もともとマスコミは、お気に入り認定したスター選手だけを集中的に報道するのが大好きで、その選手が低迷していてもその選手の成績だけを伝え続けるということをしています。その選手より上位の成績をとった選手がいてもスルーして報道しないなどということも平気でやります。

しかしです。

高梨が圧倒的に強いわけですが、ワールドカップの総合成績で2位・3位につけている選手のことをあまりに触れなさすぎると思います。

昨日の第17戦の報道でも高梨が2位になって総合優勝を決めたことを先に報道するのは仕方がないとしても、その第17戦で高梨に勝って1位になったのが伊藤であることくらいきちんと伝えてもいいのではないかと思います。

今年のワールドカップは、17戦終わって、高梨が9勝で伊藤が4勝です。伊藤選手をもっとたたえてあげたい、そう思った次第です。