読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。

麻生財務大臣の喫煙と発がんの関係を疑問視する発言は、正直なのだろうが、認識には大いに問題あり。

ニュース・ブログ感想

麻生太郎財務大臣の発言に関するニュースについての感想を少し。

news.livedoor.com

 麻生太郎財務相は21日の衆院財務金融委員会で、喫煙者が減っていることについて触れるなかで、「肺がん(の患者数)は間違いなく増えた。たばこってそんな関係あんのって色んな人に聞くんです」と述べた。日本維新の会丸山穂高衆院議員の質問に答えた。


煙草が肺癌を増加させる原因の一つであることは、ほぼ否定できない事実であると考えられています。また、肺癌に限らず、多くのがんで喫煙者の方ががんになる可能性が高いことも知られています。がん以外でも、心血管疾患・脳血管疾患でも喫煙者の方が有病率・発症率といったものが高いことも常識といえるでしょう。

にもかかわらず、最も関連性が確実な肺癌と喫煙の関連に疑問を呈するということについては、その認識に驚きます。煙草を吸う人たちにとっては、知りたくない知識かもしれませんがあきらめてこれを機に勉強するのがよいと思います。

このような発言を、国会でしてしまう麻生大臣は正直ではあるのでしょう。そのこと自体は、いい点なのですがね。


麻生さんは財務大臣なので、もしかしたら、たばこ税が減少を食い止めるための策なのかもしれません。禁煙をしたくない人がこの発言を聞いて、「麻生さんもこう言ってるくらいだから、タバコ吸っても大丈夫だよ」と煙草を吸い続けるかもしれません。そうすれば、たばこ税の減少が食い止められるかも?

また、喫煙者は寿命も短いので、年金の支払いや介護費用も少なくて済むので財務省としては喫煙を歓迎しているのかもしれませんね。

そんなことを考えてしまった次第です。