読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。

人手不足というけれど、本当に足りないのは、低賃金で文句を言わずに長時間労働してくれる人材なのだと思う。

日々考えたこと


安倍政権が長期安定政権として経済政策を運営しており、成長戦略や規制緩和(改革)など頓挫しつつある分野もあるものの、有効求人倍率完全失業率・パートアルバイトの時給など各指標は、いづれも景気は良い方向へ向かっており人手が不足していることを示しています。

そうではありますが、細かく見ていくと介護業界のような慢性的な人手不足の状態になる業界とそれほどでもない業界があるようです。トラックドライバーの不足の影響で宅配便のサービスの総量を制限する会社が出てくるほどの状態となっている業界もでてきているわけです。

普通に考えると人手が足りなければ、当然給料を上げて募集するなり、現在働いている人の給料も上げて離職を減らそうとするなりしなければいけないと思うのですが、なかなかそのようにはなりません。

それでは経営が成り立たないと。給料を上げたくない経営側は皆そういうわけです。

デフレで不景気で給料を上げるとかいうことをあまり考えなくて良かった時代のシステムのままで会社や社会が成り立っているのでこのようになるわけです。

外食産業のアルバイトなどは、時給を上げないと求人に応募が来ないし、今いる人もやめてしまうので、徐々に時給が上がって来ています。これが自然なわけですね。裏を返せば、給料を上げれば人は集まるということです。

でも人手不足で仕事が回らないと嘆いている会社はなくなりません。

結局、こういう会社の人手とは、低賃金で文句を言わずに長時間労働してくれる人材のことであり、人手不足とは、低賃金で働く人が足りないということなのです。そのように考えると、ろくに給料も上げずに人手不足を嘆くという行為が理解できます。

低賃金で文句も言わず長時間労働などしなくても、ほかに仕事がある世の中になってきたので、もはやそのような人材は獲得できる可能性はほとんどなくなっているのです。

かくして、この「人手不足」が解消される日は来ないのです。