読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。

韓国の朴大統領(前大統領?)が、なぜ罷免されたのかよく理解できない。

日々考えたこと ニュース・ブログ感想

世界中で日々いろいろな出来事があり、様々なニュースが報道されています。そのなかでお隣の国である韓国の大統領が罷免されるという出来事がありました。

国会で決議された弾劾裁判での罷免決定ということですので、法治国家として正式の手続きが取られたことになります。

しかしながら、朴大統領の罷免が決定されるに至った罪の内容が私には、よく理解できていません。

事件の初期の頃の報道をきちんと見ていなかったためかもしれませんが、詳しく解説してくれていた新聞記事が見つかりませんでした。

「友人の国政への介入を許した」ことが問題となっているようですが、これもよく考えると具体的にどのような犯罪なのでしょうか。

大統領が1民間人である友人に国政のことを相談していたのでしょう。そこで一番問題になりそうなことは、機密の漏洩でしょうか。もし機密の漏洩が問題なのであれば、民間人に国家機密を漏洩した罪で弾劾されるべきだと思います。

国政への介入を許したという言葉は、どのような事態をさすのでしょうか。

もし、大統領が友人に国政の案件を相談し、そのアドバイスに従ったとしましょう。これは、国政への介入でしょうか?

友人のアドバイスをよしとして受け入れて、それに従ったのは大統領ですから、これは大統領が決定していると考えてよいでしょう。

もしかしたら、大統領が友人に相談した案件について、友人が勝手に指示をだしていたのでしょうか?

でも、法的になんの権限もない1民間人の指示に誰が従ったんでしょうか。これは、指示に従った人が悪いように思います。そうすると大統領が「法的になんの権限もない1民間人の指示」に従うように指示をだしたということでしょうか。

考えるれば考えるほどわからなくなります。

その他に汚職の可能性も指摘されておりますが、それはそれで別に捜査されるものと思いますし、罷免の理由としてはあげられていないようです。

朴大統領が罷免された理由を誰か私にも理解できるように解説してくれないかなと思った次第です。