コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

そば粉入りうどん?そうめん?を食べないで済むために

先日、某安売り店で激安のそばを買って食べたところ、一応そばっぽい色はしているが味は全然そばではなかった。本当にそば粉が入っているのだろうか疑ってしまいました。

しばらくしてから、今度はそば粉(20%)と表記されていたのでもう一度チャレンジしてみました。20%ながらそば粉が入って入れば、少しはそばっぽい感じがするのではないかと期待したものの、前回とほぼ同じ味でがっかりでした。


そもそも二八そばといえば、そば粉8割につなぎ2割なわけで、そばはそうでなければいけないなと思ったわけです。

 

それで、そばっぽいだけ物を食べなくていいようにそばの表記について調べてみました。全く知りませんでしたが、いろいろと細かく決まっていたのですね。これで、次からは大丈夫です。


まず、そばの原材料のそば粉の表記については、「生めん」と「干しそば」(普通の乾麺のことです)で異なっています。


まず生めんは、そば粉が30%以上入っていないといけません。不当景品類及び不当表示防止法に基づく「生めん類の表示に関する公正競争規約」という規則が定められており、「そば粉30%以上」の製品について「そば」という表示をすることが認められています。

次に、干しそばについてです。こちらは、日本農林規格JAS)法に基づく「乾めん類の品質表示基準」にそば粉の割合による規定は定められていませんでした。
つまり、そば粉がわずかでも入っていれば、「そば」と表記することにJASの規定上は問題はありません。

ただし、そば粉の配合割合が30%未満の場合には、そば粉の配合割合を表示する義務があります。配合割合が10%未満の場合は、「10%未満」などの記載でかまいません。

 

そばの表記について関係する法律は、食品表示法があります。こちらはアレルギー物質関連の表記についての規則です。

そばは、表示が義務付けられている特定原材料7品目の中に含まれています。ちなみにその7品目は乳、卵、小麦、えび、かに、そば、落花生となっています。

 


あとは、原材料名の表記です。使用割合の大きいものから記載することになっていますので、「そば粉、小麦粉、・・・」と記載されていればそば粉が50%以上入っていることになります。反対に原材料のところに、「小麦粉、そば粉、・・・」と記載されている場合はそば粉比率は50%未満であることがわかります。


以上をまとめます。

 

アレルギー表記の特定原材料のそばの表記ない商品。これはそば粉が全くはいっていませんので「そば」と表示してはいけない商品です。法律に違反しています。

原材料にそば粉(○○%)と配合比率が書いてある商品。これは記載通りの割合でそば粉が配合されています。普通は30%未満です。

原材料にそば粉の配合比率が書いていない商品。原材料にそば粉、小麦粉の準に記載されている場合は、そば粉比率50%以上です。小麦粉、そば粉と記載されている場合は、そば粉比率50%未満です。そば粉の配合割合がかかれていないので50%未満30%以上となります。

原材料にそば粉しか記載がない。これは十割そばです。

 

そば粉配合割合

0% 「そば」と書いてはいけません。アレルギー表記なし

 

10%未満 そば粉(10%未満)

 

10-30% そば粉(〇〇%)実際の配合割合が記載されている

 

30-50% そば粉(割合の表示なし) 

     原材料の記載 小麦粉、そば粉の順

50%以上 そば粉(割合の表示なし) 

     原材料の記載 そば粉、小麦粉の順

100%  そば粉(割合の表示なし)

     原材料の記載 そば粉のみ

 

 

これらの知識に基づいて乾麺コーナーでチェックすると、かなりの激安店でないとそば粉の配合割合の記載がある商品、つまりそば粉30%未満の商品はおいてありませんでした。

流通大手のプライベートブランドの商品あたりは、そば粉比率30-50%ということがわかります。もちろん食べれば、味は普通にそばの味がします。

ちょっと高級感のありそうな商品をチェックすると、原材料はそば粉、小麦粉の順番で記載されていました。そば粉比率50%以上です。
もちろん二八そばは、ここに分類されます。

十割そばもチェックしましたが、原材料には「そば粉」とだけ記載されていました。


残る疑問点は、そば粉比率がどのくらいあるとそばの味だと感じるのか?ということ。
現段階でわかっていることは、
①そば粉20%ではそばの味はしない。
②そば粉50%未満でもそばの味はする。
の2つです。
つまり50%から20%の間にそばの味を感じる分岐点があると考えられるわけです。

この感覚は、個人差もあるでしょうから、今日の研究はここまでです。