コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

ゴールデンウイークの混雑している高速道路でパッシングされても、こちらは何もできないんだけどどうしてほしいのか?

大型連休中に少しだけ、遠出をした時の事。

 

高速道路はやや混雑気味。渋滞は発生していない区間での出来事でした。

2車線区間で走行車線が80km/hくらい、追い越し車線が90km/hくらいで流れている状態。

 

当方は、追い越し車線を90km/hくらいで走行中。前方がかなり混雑してきたので少し車間距離を詰めすぎないように、というか少し長めに車間距離をとって走っていました。

後ろの車が車間距離を詰めてくるのでやだなと思っていたら、(たぶん)パッシング。

1回だけだったので、あれパッシングされたかな?という感じ。パッシングされてもこまるなぁ。

100km/h出さなくてもアッという間に前の車には追いついてしまいそうだし、走行車線も詰まっていて車線変更するのも厄介な感じ。

するとパッシングをバシバシしてきます。

パッシングしてくるような車とはかかわりたくないので、すぐによけて、さっさと行ってもらうようにしているのだけど今日はどうしようもない。

 

こういう場面でパッシングしてくる車は何を期待しているのだろうか。

私が車間距離を詰めれば、それで満足なのだろうか。それなら本当にアホだ。

それともバシバシパッシングして混雑の中1台ずつどいてもらって前に進みたいのだろうか。

 

そんなことを考えているうちに、IC3個くらい進んだところで急に道路が流れるようになり、私は走行車線へ。

件の車は喜び勇んで、スピードを上げて去っていったのですが、140km/hとかだしてすっ飛ばしていくわけではなく、110km/hくらいで静かに去っていったのでした。

こういう人たちはもっとスピードを出すと思っていたので、ちょっと意外でした。