コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

安倍総理の改憲案:9条3項追加案は見事だ。

安倍総理改憲を目指すとの宣言をついにしました。

任期に改憲をしたいのだろうなぁとは思っていましたが、じっと我慢している感じで、それはそれで好感をもっていました。

 

とにかく改憲案の内容が見事であると思います。

 

現在の憲法で対応できなくなった足りない部分を追加するという加憲を主張している公明党への配慮という意味合いもあるだろうとは思いますが、第9条の1項2項はそのまま残し3項を加えるという提案は素晴らしいです。

 

安倍首相が主張するように「違憲のかもしれないけど、もしもの時は守ってね」というのは無責任であるというのはもっともであります。

第9条の1項2項に手を付けないということは、平和主義の理念という部分には変更がないということです。ですから、その観点から憲法改正に反対する理由はないということになります。

いかようにも解釈できる憲法では問題であるというのは明白で、自衛隊憲法上しっかりと規定するということは非常に大切なことです。

第2次世界大戦中の日本で軍部が独走できたのも、大日本帝国憲法の欠陥とでもいうべき統帥権の規定を盾にしたわけで、意外と立憲主義的行動なんですよね。

そのようなことが起きないようにきちんと憲法に規定しておくべきだというのが、あのような戦争を2度とおこさないという反省に基づく行動だと思います。

阪神大震災東日本大震災熊本地震ほか多数の災害での自衛隊の活躍や地道なPKO活動の継続などにより、国民の自衛隊への信認が高まっているという国民の意識の変化も大いに後押ししてくれることでしょう。

 

そうするとこの提案に反対する勢力というのは、

自衛隊が現在の憲法上、違憲であると考えている勢力

憲法を経典のようにあがめている勢力

の2つの勢力だけということになります。

あとは、安倍政権にとにかく難癖をつけたい人たちもでしょうか。

 

平和主義の理念に変更はなく、自衛隊をきちんと憲法上に規定するという理論に反対できる人はいるのでしょうか?

 

反対する人には次のような質問をすればいいのです。

・あなたは自衛隊憲法に違反していると考えているのですか?

違憲でないならきちんと憲法に規定しておかなくていいのですか?