コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

人手不足がやっと非正規雇用の待遇改善に繋がりはじめたようで。

労働契約法の改正によって、5年を超えて働く有期雇用者は希望すれば、無期雇用に転換できるようになっていたわけですが、2018年4月以降に対象者が出てくる状況です。

 

飲食業などを中心に、アルバイトの時給が上昇するなど景気回復が雇用に与える影響はじめていましたが、アルバイトから非正規雇用の待遇に好影響を与え始めました。

 

現在の景気回復に伴う人手不足から、人材をつなぎとめるために有期雇用の非正規社員を無期雇用に切り替える企業が増えてきているようです。

www.nikkei.com

ベルシステム24が2.2万人を無期雇用に切り替えるなどかなりの規模で行われる模様です。

 

どんなに法律が制定されても、景気が良くなっていなければ、無期雇用に切り替えたりせずに、契約が5年になる前に首を切られることになっていたでしょう。

 

やっと、好景気の影響が非正規雇用にも及んで、法律改正の効果も出てきたわけです。もし景気が悪ければ、せっかくの法律改正も副作用ばかりが全面に出てくることになっていたことでしょう。

 

というわけで、多くの非正規雇用の労働者が希望すれば無期雇用になれるようで喜ばしい限りです。