コタロさんの独り言

こたろうさんの独り言を書いていくブログです。


sponsored link

希望の党 小池代表 実は日本の未来のために民進党を解体することが目的だったらすごいのに

衆議院総選挙は、突然の解散から希望の党の結党。そして、民進党の崩壊と劇的に進んでいったのは、なかなか面白かったですね。

 

ところが、希望の党は失速。自民党の大勝という予測記事がでて、自民党陣営はゆるみがでないように叱咤激励しているところでしょうか。

希望の党は、過半数を目指すなどと言わずに、「国政に足場を築く」程度の発言にとどめて、東京都を中心に自前の候補をそろえていけば、4年の東京都知事の任期を終えたところで満を持して国政へ復帰というシナリオも考えられたわけですが、ちょとせっかちだったようですね。

ところが、です。もし、実のところ日本の未来のために民進党を解体することが目的だったとしたら、大成功ということになります。

民進党から希望の党へ移って、政治的主張を大きく変えて、信頼を失った候補の多くが落選の憂き目をみることでしょう。自力で当選できるような候補は無所属で出馬しているようですから、なおさらです。

 

今回の成果は、民進党で憲法改正反対!安保法案反対!と叫んでいた人の多くが、選挙に当選するためにはあっさりと意見を変えてしまうということが判明したことです。

これは、すごい成果です。

 

最後におまけですが、主義主張の一貫性という点では、立憲民主党から立候補している人達の方がよっぽど好感が持てます。(その意見に賛成はしませんが)